司技建のホームページへようこそ!!

 

社庭菜園

 

社庭のあれこれ

社庭のあれこれ
フォーム
 
新しく苗を植える時のワクワク♪
2016-09-17
 
先日、衝動買いした苗をポットから植え替えました
 
 
左:パイナップルセージ
  
  秋から春にかけて赤い花を咲かせます(だったと思う)  
  その名のとおり葉っぱはパイナップルの美味しそうな香りがします
 
中:レモンティーツリー(初体験)
 
  葉っぱがレモンのようないい香りがします。
  茎が細く風に揺れる、好きなタイプ
  アロマオイルで知られるティーツリーとは別種だそうで、似ているという
  ことでこの名前がついたのだとか
  6月~7月には小さな白い花が咲くそうで、今から楽しみです
 
 
右:月桂樹
 
  柔らかく風に揺れる葉が好きな私には珍しいセレクト月桂樹
  乾燥葉を買っても、たまにしか使わないからムダにすることが多く
  だったら植えましょうということで
  月桂樹の持つ【非常に強い芽吹く力】を皆で分けてもらって、一緒に
  成長していけますように
 
 
画像はないけれど:レモンユーカリ
 
  リースにすると半年以上いい香りを放ってくれるレモンユーカリ
  寒さに弱いことは『ハーブ仁淀川』さんで聞いてしっていたけれど
  地植えにすると植え替えできないなんて
  鉢植えの場合は、植え替え時に根を崩さないようにって
  先を見越した鉢に植えなければいけません...のでまだ植え替えは
  できていません
 
 
知らないことも、失敗することもいっぱいあるけれど植物を植える時
 
ワクワクします
 
それは新しいことが始まるワクワクでしょうか
 
ここに訪れる人が気持ちのいい社庭をつくっていきたいです
 
まずは雨の降らないうちに今から台風対策しなくちゃ
 
  
 
空にはもう秋の雲
2016-09-08
 
自転車通勤の利点は、移りゆく季節に少し敏感になれること
 
ゆっくりとペダルをこいで~空を仰ぎながら出社です
 
自転車を駐めて、空を見上げてパチリ
 
 
自然界が休息の準備をはじめる秋から冬が私は大好きです
 
まだまだ日中は30度超えと暑いけれど司技建の社庭にも秋は確実に
 
近づいています
 
 
去年よりもひとまわり大きくなったレモングラス。
 
 葉の茂ったレモングラスって本当に『美しい』と思います
 
 この後収穫して干しました
 
 
駐車場の入り口には一株の立派な「ねこじゃらし」が
 
 毎日通るのに今朝まで気がつかなかった
 
 まるで誰かが植えたかのような姿に思わずパチリ
 
 可愛いからこのまま置いておきましょう
 
 
昨日、月桂樹の苗が欲しくて出かけたホームセンターの園芸コーナーで
 
久しぶりに苗の衝動買いをしてしまいました
 
レモンユーカリ・レモンティートリー・パイナップルセージ
 
レモンユーカリ&レモンティートリーは売ってる苗を見るのは初めてで
 
もちろん育てるのも初トライです
 
頑張って育てて生長をご紹介していきます
 
 
お目当ての月桂樹もあって超ご機嫌の1日でした
 
何よりもこんな小さなことで幸せを感じている自分が嬉しいかも
 
 
 
 
その後のフェンネル
2016-08-22
冬越しからずっと成長を続けていたフェンネル
 
たくさんの花をつけ、ハチやカエルに食料や寝床を与えた後はたくさんの種が
 
消化を助け、噛むと甘く口の中をさっぱりさせてくれる種をつまみ食いしながら
 
刈り取りました。
 
この大きな株は役目を終えたのかしらととりあえずそのままにしておいたら
 
一週間後にはもうかわいい小さな芽が
 
猛暑もなんのその
 
再びたくさんの恵みを人や虫たちに与えてくれるのでしょうか
 
たくましいその生命力とたくさんの恵みに感謝です
 
シンボルツリー
2016-06-15
いつの間にかシンボルツリー的な存在となった、白花のキョウチクトウ(夾竹桃)です
 
花を咲かせる時期が梅雨と重なるため、真っ白の花がすぐに茶色くなってしまうのが悩みだった
 
のですが、今年は毎朝、茶色くなった花を取り除いてくれる麻美ちゃんのおかげでとっても
 
爽やかで綺麗です
 
 
キョウチクトウ(夾竹桃)は、葉がタケ・花がモモに似ていることからこの名前になりました。
 
 日本では滅多に見ないが、ごくまれに細長いツノ状の果実が実ることがあり(見てみたい
 
 中からは、綿毛を持った種子がでてくる。
  
 乾燥や大気汚染に強く、有毒な防御物質を持っているので病害虫もほとんど心配ない。
 
 街路樹・高速道路沿いなどによく見かける(ピンク花をよく見ますね
 
 優れた園芸植物ではあるが、強い経口毒性を持つ(知らなかった
 
 広島市では、かつて原爆で75年間草木も生えないといわれたが、被爆焼土にいち早く咲いた
 
 花として、原爆からの復興のシンボルとなり、広島市の花に指定された。
             
        ~ウィキペディア参考~
 
今年もミツバチがやってきた♪
2016-06-10
先日ご紹介したフェンネルですが、その後も日々成長を続け背丈は160cmと私を追い抜き
 
花数もさらに増えました
 
今朝ふと見ると花の上をたくさんのハエが飛び回ってる
 
い~えそれはミツバチでした
 
そして何故かカタツムリも
 
毎年ローズマリーやコデマリに、午前中だけ蜜を求めてどこからかやってくるミツバチですが
 
今年は今まで以上にたくさんのミツバチがフェンネルの花の上で忙しく働いてます
 
虫は全般苦手な私ですがやはり環境とか、生態系のバランスとかを考えるとミツバチの
 
存在って重要だと思うし以前テレビで、巣がスズメバチに襲われた時にたくさんの
 
ミツバチが自らを犠牲にして巣を守る様子に涙し守っていかねばと思っています
 
でも私は本当は虫が嫌いなのミツバチに紛れてやってくるアシナガバチは...ごめんなさい
 
お願いだからどこかへ行ってください
 
※たくさんのミツバチを画像にと頑張ったのですが飛び回り止まってくれず
 数少ないミツバチになってしまいました
 

平成26年

平成26年
 
ブロッコリーも鳥の為に植えたと思えば・・・
宇和島の道の駅で大量に買ったブロッコリーの苗。45苗で¥1200という安さにつられて衝動買いしたものの、畑がある訳ではないので植える場所もなく次々とお客様に「ブロッコリー植えませんか?」と半ば強制的にもらっていただきました
寒い冬を越え収穫時次々とお客様から「いっぱい獲れたよ」と立派なブロッコリーが
なのにここのブロッコリー毎朝訪れるデッカイ鳥に出る芽を全て食べられ無惨な姿
そもそも鳥が食べることも知りませんでした・・・
でも、美味しそうに啄む姿を見ているとそれはそれでよしかな
 
 
やっぱり雨が似合います。
最近なんだか数が減ってきてるような気がするアマガエル。
どうかヘビにパクッとされないでね
 
隠れても・・・
いつの間にか社庭菜園の小さな人工ため池?に住み着いたカエル夫婦
そのせいなのかメダカはすっかり姿を消してしまい水草とカエル夫婦のための水場となりました。
隠れたつもりでも居るのは知ってます
 
 
何を思っているんだろう
アマガエルを見ると何故だか切なくなってしまいます
いつみても控えめで、自分を主張することがないように感じるからでしょうか
ねぇ何を思っているの。
(株)司技建
〒781-8134
高知市一宮中町1丁目1-14
TEL.088-879-5575
qrcode.png
http://tsukasagiken.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
その際は『ホームページを見た』とお伝えください
<<株式会社 司技建>> 〒781-8134 高知県高知市一宮中町1丁目1-14 TEL:088-879-5575 FAX:088-846-1886