司技建のホームページへようこそ!!

 

PARVATIブログ 08.16

 

お店のことや個人的なこといろいろ...

お店のことや個人的なこといろいろ...
フォーム
 
なんだこれは!???
2017-08-16
 
お盆休みもあっという間に終了
 
休み明けの今日は午後から大雨になっている高知市です。
 
 
高知の三大祭りのひとつ『しなね祭』まであと少し。
 
人混みには行かない私ですが待ち焦がれております
 
だってだって~『しなね祭』の翌日には何故か朝晩グッとすごしやすくなるんですよ
 
ゆっくりですが確実に秋に向かって季節は進んでいます。
 
 
 
社庭の片隅に山積みにされていた大量の草や木くず。
 
「そのうち土に戻るの!」と勝手な理屈でパールヴァティが溜め込んでいたのですが、「土に戻るのに何年かかるんだangry
 
見た目も悪いし「邪魔!!!」ということで強制撤去crying
 
 
作業中職人さん達の「うわっ!!」「なんかおった!」「殺虫剤は!?」という怒号にも似た悲鳴が
 
草木を長い間積み重ねていれば当然そこは虫たち(害虫)のパラダイス
 
出てくる出てくる次から次へと...
 
名前を書くと痒くなるので省略しますが...
 
 
その中でも皆が注目indecision
 
「なんだこれは???」
 
「ゴキブリ?」
 
「でかっ!6cmはあるよ
 
「外用のゴキブリとか?」
 
「外用とかっておるの?」
 
たっちゃん(職人さん)が手に乗せたまま背中?をさするとじーーーっとしています。
 
「気持ちいいん?」
 
「うそーーーー
 
「ちょっと可愛く見えてきた
 
「ありえん...」
 
「ひっくり返してみて」
 
「...indecision
 
「やっぱりゴキブリやん気持ち悪ーーーい」
 
ひっくり返された彼(ゴキブリ?)は突然大暴れで何処かへ逃げて行きました
 
 
そういえば『社庭菜園』を更新していた時は色々な生き物との出会いをお伝えしていましたね~
※「モズのはやにえ」などの騒動はこちらのブログ
 
 
「イタチごっこ」・「モズのはやにえ」・「真昼間のヘビ」・「バッタとの格闘」などなど...
 
このところすっかり静かだった社庭に、悲鳴と歓声?笑い声が響き渡った一日でした。
 
 
 
 
『自分の手で自然に触れてみてください。
 
石が転がっていたら、手に取ってさわってみてください。
 
道端に花が咲いていたら、匂いをかいでみてください。
 
そして心のなかに、自分だけの箱庭をつくってください。
 
心が落ちつくはずです。』
 
~by.枡野俊明(曹洞宗徳雄山建功寺住職)~
 
 
 
 
 
 
琥珀(アンバー)
2017-07-18
 
『ときには踏みならされた道を離れ、森の中へ入ってみなさい。
 
そこではきっと、あなたがこれまでに見たことがない、
 
何か新しいものを見いだすに違いありません。』
 
~by.アレクサンダー・グラハム・ベル(発明家)~
 
 
数日前まで夜もクーラーいらずで快適に眠れたのに、長雨があがったとたんどうしようもない暑さ
 
今年も耐え忍ぶ季節がやってきました
 
夏が苦手な私は毎年同じことを思う...
 
早く早く一日も早く...冬にならないかな
 
 
さて
 
皆様は琥珀(アンバー)にどんなイメージを持っていますか?
 
私は「琥珀」「アンバー」という呼び名が大好きです。
 
いつかまた犬と暮らす日がきたら【琥珀】と命名しようと決めてます
 
 
でも琥珀を使ったアクセサリーやオブジェなどを見ると何故か「おばあちゃん」をイメージしてしまう
 
綺麗だし希少なものだと思うけれど、アクセサリーとして身につけるのは老けて見えそうで敬遠してました。
 
 
でもパールヴァティに「琥珀のブレスレット」があるって
 
そうなんですよね~
 
たまたま仕入れで見つけたこの「琥珀(ブレスレット)」
 
「琥珀」=「金色の飴」というイメージだったけれど、メープルシロップのような濃い色の「琥珀」を見て即買いしてしまいました
 
鉱物ではないのでとても軽く、ずっしり感を好む方からすると少々物足りないかもですが
 
 
それにしても「琥珀(アンバー)」にはどんな意味・パワーがあるのだろう?
 
パワーストーンにさほど詳しくない私は、仕入れたパワーストーンの意味・パワーをひとまず調べます。
 
そしてカードに書いて売り場に置いてあります
 
調べてから仕入れるではなく、欲しいから仕入れてあとから調べる...のが私のやり方。
 
いつものように「琥珀(アンバー)」を調べてみました。
 
 
するとこれがまた
 
少々感動してしまったので、お伝えしたいと思います
 
 
昨今流行りのパワーストーンと言われる石たちもそうですが、すべて自然の営みから生まれたもの。
 
お守りとして・アクセサリーとして...
 
使い手さんの思いはそれぞれですが、地球からの贈り物と言えば聞こえはいいけれど人の判断で採取し手にした以上は、ありがたく大切に使わせていただきましょう。
 
そして自分に必要でなくなったら、感謝を込めて地球に返してあげましょう。
 
 
 
※以下はインターネット「パワーストーンの意味・効果」で調べたものです。
 
 
【琥珀(アンバー】
 
約3000万年以上前の松柏類の植物の樹液が化石化した有機物。
 
古くから装飾品として、また神秘的な力においても非常に有用なクリスタルの一つとして用いられてきました。
 
中国では虎の魂が石になったものと信じられていました。
 
 
明るさと落ち着きを持ち、心身のエネルギーを上手に流せるようサポートしてくれます。
 
エネルギー自体を強めるというよりは、体や心に余分な不要エネルギーが滞ることにより起こるバランスの乱れや、エネルギー的な毒素が排出できていない為に起こる不調時に、それらの余分なエネルギーを大地に還してくれるアースのような役割をする事で、エネルギーの流れを綺麗にし、必要なだけのエネルギーを上手に使うことを教えてくれます。
 
それは元々「琥珀(アンバー)」のルーツが「木」である事と関係が深く、木々が二酸化炭素を吸い代わりに酸素を吐くように、「琥珀(アンバー)」はマイナスエネルギーを抜き取り、代わりに心身に酸素のようなプラスのエネルギーを循環させてくれるのです。
 
不要なものを捨てる事で新しい良いものが入る隙間ができる。
「琥珀(アンバー)」は私達にとって、エネルギー的なゴミを掃除してくれるような存在と言ってもよいかもしれません。
 
 
 
お土産に感じる思いやりの心
2017-07-12
 
私は陶器好きです
 
豆皿から大きな大きなお皿(鉢)や土鍋まで♪
 
 
備前焼のように思い切り土を感じる器や、太く短い男性の手で成形されたようなごつっと感のある器が大好きです(^^♪
 
ただ価値は全くわからず好きかどうかだけなので、作家さんや窯の名前は全然覚えられませんが
 
 
パールヴァティを開店する時に、什器として自宅の大きな食器棚を寄付。
 
以来食器棚を持たないのは、片付けてしまうと使わなくなってしまうから。
 
いつも使いたいから出来る限り出しっぱなしでいたい。
 
いつか広い広ーーーーーい台所の壁に、板で棚をあちらこちらに打ち付けて土鍋や器を並べたい
 
段々と動くことが億劫になってきている今日この頃
 
使いやすさ&しまいやすさを考えればオープン棚が一番と夢見ています。
 
 
 
最近とある出来事があり、手持ちの器を大半処分しなければならない事態になってしまいましてcrying
 
処分する器を眺めては、二度と持てないよな...買えないしと、処分を一日一日先延ばしにしておりました。
 
もともと全てが譲り受けたものなので、手放してももとに戻るだけと自分に言い聞かせ泣く泣くお片付け
 
 
えっ
 
ちょっと待って
 
これだけしか残らないのindecision
 
そうか...大量に器を譲り受けたものだから、それまで持っていた器はほとんど処分したんだ
 
あーーーーーーー
 
しょうがないよ...
 
少しづつ少しづつ、また自分の器を集めていけばいいさcrying
 
 
そんな葛藤の日々を送っていた時、続けてお土産に器を頂きました
 
 
出雲への旅行土産としていただいたのは、とても美しいい器
 
使うことをためらってしまうような深い...
 
私がにとても惹かれていることを覚えてくださっていたのですねblush
 
コロンとした手のひらに収まる形も大好きです
 
 
そして沖縄旅行のお土産にいただいたのは、こちらも
 
のグラデーションが美しく、沖縄ならではらしい上品な唐草模様
 
つい表面を指でなぞりたくなるのは私のクセです
 
 
もうひとつ沖縄の陶器は一輪挿し
 
お花を入れる口元は沖縄県の形をしているのだそうで、遊び心がありながらも...これってとても技術の高い焼き物じゃないだろうか
 
ドがつく素人の私が見てもそう思います。
 
絵付けも素敵すぎて♪お花がなくとも絵になる一輪挿しです。
 
 
最近の私の落胆を気にかけてくれた三人の方のお心
 
時間を使い・お金を使い・心を使い、人を思いやるそのお心が何よりもありがたくて
 
相手が今必要としていることに、自然に心を向けることのできる優しい人たち。
 
 
 
私はどうなのだろう...
 
誰かのためと思い行動したことが独り善がりにはなっていないだろうか...
 
お相手が本当に必要とされていることへの心配りができていたのだろうか。
 
押し付けて自己満足に浸っていたことはなかっただろうか...
 
 
いただいた器を眺めながらそんなことを思っています。
 
 
器と一緒に、目には見えない大切な宝物をにいただいたような気がします
 
 
 
『生きるというのは人に何かをもらうこと。
 
生きていくというのはそれをかえしていくこと。』
 
~by.坂本金八(金八先生)~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(株)司技建
〒781-8134
高知市一宮中町1丁目1-14
TEL.088-879-5575
qrcode.png
http://tsukasagiken.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
 
その際は『ホームページを見た』とお伝えください
<<株式会社 司技建>> 〒781-8134 高知県高知市一宮中町1丁目1-14 TEL:088-879-5575 FAX:088-846-1886